【被害額は数億円規模?】アイドルファン・ネットワークの黒い実態

今月24日、警視庁は、「アイドルファン仲間の〝キセル乗車〟を手助け」を目的に、建造物侵入の疑いで、東京都東久留米市の私立大学3年・山下貴史(22)を逮捕。合わせて、住所不定の山本孝太郎(35)を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕したと発表した。2人とも容疑を認めているという。

山下容疑者は、今年9月17日午後1時すぎ、JR東京駅にて無賃乗車の手助けをする目的で入場券を2枚購入。同駅で入場記録をつけると、岡山駅から入場券で新幹線に不正乗車してきた岡山県津山市・会社員の男(26)が東京駅の改札から出る際、これを手渡すために改札内に立ち入ったという。入場の際、駅員がこれに気づき110番通報して発覚した。会社員の男については、岡山~東京駅間の運賃1万6300円を支払わずに乗車として、鉄道営業法違反(無賃乗車)の疑いで書類送検されている。

警察によると、山下容疑者は人気アイドルグループ「AKB48」などのファンで、握手会や別のファンに紹介されて知り合った人間らとLINEなどで、常習的にキセル乗車についてのやりとりをしていたという。「追っかけファンのネットワークがあり、キセル乗車の手助けができる者は、福岡・大阪・名古屋など各地にいる」と供述し、そのネットワークには驚くべきことに全国で数百人規模にのぼるという。山下容疑者は、キセル乗車の手助け1回につき2000~3000円の報酬を受け取り、4年ほど前からおよそ150回は繰り返していたという。

一方の山本容疑者は今年9月11日、広島駅から新幹線に乗車した長野県上田市・会社員の男(22)ら2人に、東京駅で入場券を渡し、運賃1万8040円の支払いを逃れさせる手助けをしたという。「声優アイドルの追っかけ仲間の交通費を浮かせるためにやった」と山本容疑者は供述。事前に準備した入場券を手渡すこうした手口は「迎え(MK)」と呼ばれ、アイドルファンの間で〝公然の秘密〟となっていたという。

とはいえ、キセル乗車を手助け出来る者がネットワーク及びシステム化されて、それが全国に数百人規模いるというのだから、恐るべしアイドルファンと言えるだろう。

手口としては、入場券2枚に入場記録を付け、うち1枚を渡して改札を出させ、残りの1枚は自分が改札を出る時に使うという、なんともアナログな方法ではある。検札の際にはトイレや通路に隠れていたようだ。これは、何度も成功させてきた手口で、相当悪質と言っていい。山下容疑者の場合、これまでにJRの損失が1回1万円として、それが150回も繰り返されているだから、合計被害額は百万円単位になると考えられる。これが数百人のネットワークであることを考えられると、億単位の被害額であったことも考えられる。これは被害金額から、大規模犯罪グループと言われても仕方のない規模である可能性がある。個人が「ついやってしまった」というレベルの話ではないことは確かだ。

こういった悪質なファンを横目に、マジメに追っかけをしているというグループアイドルファンの男性(38)はこう語る。

「そういったネットワークがあることは、ファンの間では有名でした。開催される場所によって、ライブやコンサートのチケット代よりも高くなる交通費をケチりたくなる気持ちは、わからなくはありません。実際に女の子の追っかけなんかは、援交とか、危険なことに手を染めてまでしてお金を作っている子も珍しくないですしね」

これ以外にも、近年、アイドルグループのファンによる悪質な行為は後を絶たない。先月16日には、AKB48のCD585枚を福岡県の山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで30代の会社員の男が福岡地検に書類送検された。それらのCDにはアイドル総選挙の投票券が添付されており、男はそれ目当てで大量購入。CD自体は不要となるため、不法投棄されたというものだった。

CDやチケット代にはいくらでもつぎ込みながら、電車賃はケチりたいという一部の悪質なファンたち。法を犯してまで追っかけをすることで、大好きなアイドルの評判を傷つけているということに、彼らが気付く日は来るのだろうか。

(文◎朝比奈ゆう)