賃貸契約締結拒否?「アレフ」信者の女が詐欺で逮捕された背景とは?

 今月19日、京都府警は、オウム真理教の後継団体「アレフ」が活動に使用するマンションの部屋を、居住用と偽って賃貸契約を結んでいたとして、信者で東京都杉並区に住む職業不詳の西川典子容疑者(55)を逮捕した。

 西川典子容疑者は、2015年3月、京都市南区のマンションの1室を、アレフの施設として使用することを隠し、個人で利用すると偽り居住用として賃貸契約をしたため、詐欺の疑いが持たれている。

 京都府警は今月19日、京都市南区などのアレフ関連施設5カ所を家宅捜索し、詐欺に使われた契約書類など約60点を押収している。西川典子容疑者は当時、アレフの福岡施設(福岡市博多区)に所属しており、契約していた部屋に居住実態はなく、アレフ関連の書籍などが入った段ボール箱が山積みになっていたという。府警によると、同所は倉庫として使われていたと見ており、マンションには教団の車が出入りしていることも確認されているようだ。調べに対して西川典子容疑者は、黙秘をしているとのこと。

 宗教問題に詳しいジャーナリスト・竹村明氏によると、アレフに対する世間の目は今も厳しいと話す。

記憶に新しい地下鉄サリン事件

「『アレフ』は、公安調査庁によりオウム真理教の教義を引き継いでいる宗教団体とされています。つまり、後継団体そのものです。オウム真理教は、1995年に地下鉄サリン事件を起こし、死者13人、負傷者6500人を出したことでも知られています。それらを考えると、『アレフ』という名前を出せば、賃貸契約すら出来ない状況であることが窺えます。契約目的を偽った背景には、『アレフ』に対する世間の目の厳しさがあるからと言えるでしょう」

 オウム真理教の教祖である麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の執行が近いとも囁かれる中、後継団体・アレフは、今後どこへ向かっていくのだろうか。

(文◎朝比奈ゆう)