【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

いまだ行方知れずの関東連合・元リーダー

〝半グレ〟たちによる惨殺事件として多くのメディアが報じたことで、ご記憶にある方も多いであろう、2012年9月2日午前3時40分頃に発生した、「六本木フラワー事件」。東京・六本木のクラブ「フラワー(現在は閉店)」で飲食店経営の男性(31)が、金属バットなどで武装した集団に殴られ殺害されるという、陰惨な事件である。

事件後、多くの関係者がハワイや中国、韓国、タイなどの海外に出国するなどしたものの、翌13年になって相次いで帰国したところを逮捕された。前後して、国内いた関係者も相次いで逮捕。合計18人の関東連合メンバーやその知人らが逮捕され、既に処分や判決が確定している。

しかし、主犯格とされる関東連合・元リーダーの見立真一容疑者(38)は、いまだ海外に出国したまま行方が分からない状態が続いている。

【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露

(関連記事:【AV男優を恐喝未遂】関東連合元幹部・松嶋クロス容疑者らを逮捕

(関連記事:【ATM不正引き出し事件】主犯格の元関東連合メンバーの行方

懸賞金は300万円から600万円に