【衝撃画像】通行人に〝揉み放題〟JKユーチューバーが書類送検

子どもたちが憧れる職業の一つに数えられる「ユーチューバー(YouTuber)」。
「はじめしゃちょー」や「HikakinTV」など、億単位を稼ぎだす彼らは子どもたちだけでなく世間やメディアからも注目される存在となって久しいが、時には一部の悪質なユーチューバーたちが様々な事件を引き起こしてきたことでも知られている。
記憶に新しいのは、「ユーチューバーなめんなよ」と叫びながらチェーンソーを手にしてヤマト運輸を襲撃した事件や、ハンドソープなどの日常品を実証する手法から「無駄遣い」と指摘が入って炎上するなど、投稿者のモラルを問われる動画作成が増殖し、社会問題になっていることも見過ごせない事実である。

そんな中、今度は女子高生がわいせつな動画を投稿し、書類送検されるという事件が発生し、話題となっている。
今月12日、千葉県船橋市在住の女子高校生(1年=16)と、女子高生の知人の男子高校生(3年=18)が、警視庁生活安全特別捜査隊に東京都迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで書類送検された。女子高生らは、今年の1月28日午後6時半頃、渋谷駅前にあるハチ公前で、バニーガールのような衣装を着て「フリーおっぱい」と書いたスケッチブックを掲げ、通行人に「おっぱい触り放題」と呼び掛け、およそ20人の男女に胸を触らせていたという。女子高生が触らせるその模様を男子高校生がスマートフォンで撮影。合わせて、その模様を動画で撮影していたとして、同法違反幇助の容疑で映像制作会社の男(23)も書類送検されている。
この時、撮影された動画は、インターネット上にアップロードされておらず、さらに通報などもなかったが、騒ぎに気付いた渋谷警察署署員によって発覚したようだ。
調べに対し、女子高生らは「再生回数を増やして広告料を得たかった」と供述しているという。

YouTubeなどの動画配信サイトは、再生された回数に応じて、配信者に報酬が支払われるシステムとなっている。しかし、このようなモラルに反する動画は、金銭が支払われる前に削除されてしまうのが一般的だ。実は今回書類送検された女子高生は、過去に同じような動画、ユーチューバー界隈では有名な「フリーおっぱい」が投稿されて炎上していたことに倣って、似たような行動に出たという。この女子高生らが撮影した動画は現在流出していないのが幸いと言えるだろう。
筆者はその過去の動画を見てみたが、周囲が大いに盛り上がっているのが伝わってくる。女子高生がバニーガールのような露出度の高い衣装を着て、終日人通りの絶えないハチ公前に立てば、大きな話題になり、再生回数も大幅に増えると考えたのであろうか。

再生回数を稼ぐために、一線を越えてしまうユーチューバーは後を絶たない。現在では、大手メディアも「投稿ボックス」などを使い、臨場感のあるニュース映像などを募集するなど、動画を投稿する者は日増しに増殖しているのが実情である。動画を投稿する人にとって、そのあたりの「品格」が問われているようである。

(文◎RNO編集部)