【神スイング】稲村亜美さんが始球式で「集団痴漢」の悲劇に!?

 投げては最速「105㌔のストレート」、打ってはテレビCMにも使われた美しい「神スイング」で一躍人気タレントの仲間入りを果たしたタレント・グラビアアイドルの稲村亜美さん(22)。彼女は夢を「プロ野球全12球団の始球式に出ること」と語っているが、プロではないものの、その入場式に登板した後にトラブルに巻き込まれたことで、ネットなどを中心に主催団体に対して批判が殺到し話題となっている。

 稲村さんが登場したのは、今月10日に東京・神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式だ。関東地区にある202チームの選手がマウンドを取り囲む中で、あの美しい投球フォームを披露。すると、その姿に感動したのか、数千人もの球児たちがマウンドに詰めかけ、稲村さんがあたかも「暴動」に巻き込まれているようなハプニングが起こってしまったのだ。

 この模様は関係者らが各所で撮影していたため動画が拡散されているが、球児らに取り囲まれた稲村さんは人並みに巻き込まれて、確認できなくなるほどである。この動画を見た人らがSNS上で「あの状況なら何をしても分からない」「中学生だからって許されない」「触った」などと悪びれることなく自慢していたことから(現在ではほとんど削除)、ネット上で「集団痴漢事件」として拡散されてしまった。

この後、マウンド上の稲村亜美さんが中学生たちの波に飲み込まれ…

 しかし、この騒動に巻き込まれて恐怖すら覚えたであろう稲村さんの対応は、さすがと思わせるものだった。

「選手の熱気がすごく伝わってきて色々ハプニング?も起きてしまいましたが、みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました。怪我がなければいいことを祈ります」「わたしは全く問題なく大丈夫ですよー」(原文ママ・稲村亜美さんのTwitterより)

 と、「神スイング」ばりの「神対応」を見せて、事態の沈静化に務めたのだ。

 一方で、この開会式を主催した同連盟の対応は、まったく手ぬるいとしか言いようがない。現在のところ、公式ホームページでも公的な謝罪を行っていないため、筆者が直接確認したところ、担当者は「今まで始球式を行ったこともないので今後の参考にする」と答える程度、対処に困っている様子である(後に直接謝罪)。

 同連盟が始球式を行うのは初めてのケースだというが、そこは百歩譲ったとしても、中学生たちにも人気のグラビアアイドルを登場させて、何かが起こるということを予想できなかったのだろうか。最低でも、警備員を多数配置するくらいは当然しておくべきだったであろう。中学生たちが集団で駆け寄ってくる最中に審判、関係者が押し止めに入ってはいたものの、これではあまりに多勢に無勢であった。

 連盟側は稲村亜美さんに、正式に謝罪をしたというが、このような事態を巻き起こした連盟の責任は大きい。そして「集団痴漢」と汚点を残した少年野球の今後が心配である。

(文◎中田一行)