独裁者、再び?世界が注目するドイツのヘイトスピーチ監視法

ヘイトスピーチ――。

ここ数年で、よく聞くようになった単語の一つだろう。これは特定の人種や宗教、民族など、主体的に変えることが困難な事柄について、それに属する人々を攻撃、あるいは侮辱する発言のことである。日本においても、このヘイトスピーチの対策として、法務省がプロジェクトチームを組み、よく使われる典型例を示した文章を各自治体に配布。解消するように促すなどの取り組みをしているというが、ドイツがこのヘイトスピーチに対して思い切った対策を講じ、世界から注目を集めているという。これはどのようなものなのか?