TDL会員権詐欺で逮捕された加護亜依の元夫の「意外な過去」

今月28日、警視庁町田警察署はこの日までに詐欺の疑いで会社役員の安藤陽彦容疑者(50)ら男性2人を逮捕したと発表した。

安藤陽彦容疑者は知人男性に「自分たちならディズニーランド(TDL)関連の特別な会員権を入手できる」とウソを言って、現金400万円を騙し取った疑いが持たれている。安藤陽彦容疑者は「よく覚えていない」と容疑を否認している。

TDLの特別な会員権、それは「クラブ33」という会員限定のフレンチレストランのことを意味しているのだろうか。

「クラブ33」とは、TDLの公式サイトにも、場内の地図にも記載されていない、知る人ぞ知る施設である。TDL内では持ち込みが禁止され、販売もされていない酒類が、唯一提供されてる場所でもある。

元々は、法人会員(主に公式スポンサー)の接待等に利用されている場所だが、実はJCBのクレジットカードの最上級会員も利用することが可能なのだ。しかし、全ての情報が非公開のため、ここの会員券が都市伝説では「500万円で売買されている」とも噂されていた。

安藤陽彦容疑者は、このことを知って詐欺に使ったのだろうか。

 

実は、この安藤陽彦容疑者とは、アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー・加護亜依さん(30)の元夫である。加護亜依さんとは2011年12月に結婚し、翌年6月に第一子となる女児が生まれていたが、15年6月には離婚が成立。加護亜依さんは16年8月に再婚している。

安藤陽彦容疑者をよく知るという六本木の飲食店経営者A氏は、次のように語る。

「彼(安藤陽彦容疑者)は以前、港区の麻布十番にある芸能人もよく使う高級カラオケ店などの経営にも関わっていましたが、11年に山口組系の暴力団関係者を名乗って知人男性を脅し、2000万円の借金返済を拒もうとしたとして、警視庁組織犯罪対策4課に恐喝未遂容疑で逮捕されています。14年10月には警視庁が出資法違反で逮捕、翌15年には妻(当時)の加護亜依さんに暴行した容疑で逮捕されています。六本木や麻布周辺の夜の世界では、口も達者で広い人脈を持つ彼(安藤陽彦容疑者)は、色々な意味で有名人でした」

11年の恐喝未遂事件では、加護さんも事情聴取をされている。また、この時、加護亜依さんは手首を切り自殺を図ったことでも話題となった。

本誌解説員でジャーナリストの竹村明氏は、そんな安藤陽彦容疑者の〝裏の顔〟について、次のように語る。

「安藤陽彦容疑者は、加護亜依さんと交際する以前には、歌手の華原朋美さんとも交際していました。また、芸能界のドンといわれる大手芸能プロダクションの息子とも親しくしていたことでも、一部関係者の間では知られています。また、実業家や暴力団関係者、警察関係者、マスコミなど幅広い交友関係を持つ人物として知られていて、とにかく〝裏〟の話題に事欠かない人物なのです」

華原朋美さん、加護亜依さんという有名芸能人と交際する一方で、警察から暴力団まで全方向外交する安藤容疑者。今後の動きが注目される。

(文◎RNO編集部)