菊池桃子のストーカーと化した中年タクシー運転手の哀れな末路とは?

タクシーで客として乗せたことで自宅を把握、ストーカー化…

タレントの菊池桃子さん(49)に対して、先月31日に自宅周辺で付きまとうなどのストーカー行為をしたとして、元日本交通のタクシー運転手で現在は無職の飯塚博光容疑者(56)がストーカー規制法違反の疑いで現行犯逮捕されていたことが分かった。

捜査関係者によると、昨年秋頃、当時タクシー運転手だった飯塚容疑者は、偶然客として乗車させたことがきっかけで菊池桃子さんの自宅を把握。その後、複数回にわたって菊池桃子さんの自宅のインターホンを押すなど、付きまとい行為を繰り返していたという。

容疑者がその後も再犯!【再犯】菊池桃子さんに対するストーカー行為で男が逮捕

今年に入り、菊池桃子さん側から相談を受けた池袋警察署が飯塚博光容疑者に対して、付きまとわないように警告を出したものの、ストーカー行為はそれでも収まらなかった。先月31日、菊池桃子さんの所属事務所が「(飯塚博光容疑者の)ツイッターに『菊池さんに会いに行く』との書き込みがあった」と警視庁に通報。警察官が警戒していたところ、菊池桃子さん宅の周辺をうろついていた飯塚博光容疑者を現行犯逮捕したという。

調べに対して飯塚容疑者は、「菊池さんに好意があった。話したいことがあった。自宅に行ったことは間違いない」と容疑を認めているという。

(関連記事:【再犯】菊池桃子さんに対するストーカー行為で男が逮捕

(関連記事:【元AKB48】岩田華怜さんのストーカー行為で逮捕された男の動画

(関連記事:【ストーカー】1人の女性に20年間つきまとい続けた男が逮捕

菊池桃子さんの事務所に交際を求めるメールを送り付けていた