【覚醒剤・大麻密輸で逮捕】三井物産社員の残念で大胆な持ち込み手口

「5大商社」の社員を逮捕

芸能人や有名人による覚醒剤所持・使用事案が後を絶たないが、今度は日本を代表する一流企業の社員が覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕・起訴されたと話題になっている。

逮捕されたのは、日本の「5大商社」と言われる三井物産の社員で、東京都文京区本郷に住む戸田勝宣被告(49)だ。戸田勝宣被告は今年3月、成田空港で覚醒剤と大麻を密輸しようとしたとして、覚せい剤取締法違反などの疑いで東京税関と千葉県警により現行犯逮捕されており、今月10日に千葉地検によって同罪状により起訴された。地検によると、認否については明らかにしていない。

戸田勝宣被告は先月20日、サウジアラビアから航空機で成田空港に帰国した際、覚醒剤14.02㌘(末端価格85万円分)、大麻40.86㌘(末端価格24万円分)をズボンのポケットに隠して密輸入しようとしたという。

(関連記事:【大麻密輸事件】意外な場所に〝ブツ〟を隠していた暴力団組員を逮捕

東京税関が押収した覚醒剤など

 

 

 

 

 

 

東京税関によると、同日、税関職員が戸田勝宣被告の衣服や所持品を検査していたところ、履いていたズボンのポケットから覚醒剤が、荷物の中からタバコの袋に入った大麻が見つかったという。戸田勝宣被告は1週間の出張から帰国したところで、覚醒剤は「サウジアラビアの工場で預かった化学品のサンプルだ」と、大麻は「タイで買ったタバコだ」などと話し、容疑を否認していたという。

戸田勝宣被告が勤務する三井物産の広報部は、「多大なるご迷惑をおかけし、深くおわびします。今後、事実関係に基づき厳正に対処します」とコメントしている。

タバコだという主張は通用しない

違法薬物の密輸をしたとして逮捕・起訴されたのが、まさかと思う大企業のエリート会社員だったとは驚きであるが、逮捕時の供述について「いくらなんでも無理がある」と指摘するのは、本誌解説委員でジャーナリストの竹村明氏だ。

「戸田勝宣被告は大麻について、『タイで買ったタバコ』と話しているようですが、税関が公開した押収品を見る限り、入れていた袋こそ手巻きタバコ用の葉の袋ですが、その中身は明らかにタバコとは異なるブロック状の植物片です。これをタバコだと思ったという主張は、いくらなんでも無理があると思います。また、覚醒剤については、細かく砕いたものもあり、吸引する際に用いられることが多いアルミ箔も押収されているので、いわゆる〝あぶり〟と言われる方法で使用しようとしたのではないかと思われます。吸引道具も押収されている中で、『出張先の工場でもらった化学品のサンプルだ』というのは厳しい主張ですね」

東京税関が押収した大麻

 

 

 

 

 

 

三井物産に勤めるエリート会社員にしては、違法薬物をポケットに入れて持ち込むなど、なんとも安易で杜撰な印象はぬぐえない。その背景には、薬物依存の影響などがあったのだろうか。大手商社社員のエリート人生にしては、あまりにも残念な末路である。

(文◎朝比奈ゆう)