家族旅行を装い覚醒剤18億円分を密輸した夫婦はなぜ逮捕された?

約30㌔の覚醒剤を手荷物に隠して…

神奈川県警は、ケニアから約30㌔の覚醒剤(末端価格約18億円相当)を手荷物に隠して旅客機で密輸したとして、神奈川県座間市のペットショップ経営者・佐藤一貴容疑者(43)と妻の夏美容疑者(34)を、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕した。

佐藤一貴容疑者(http://999cotty.net/より)

捜査関係者によると、佐藤一貴容疑者と夏美容疑者は、今月4日深夜、覚醒剤およそ30㌔をコーヒー豆用の袋30個に小分けし、それらをバッグに入れて密売しようとしたという。羽田空港の手荷物検査で判明し、2人は翌5日、覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された。23日には、横浜税関が関税法違反(禁制品輸入)の疑いで、2人を横浜地検に告発している。

旅客機を悪用し、手荷物で密輸した覚醒剤の押収量としては、過去最も多量であるという。

(関連記事:【覚醒剤・大麻密輸で逮捕】三井物産社員の残念で大胆な持ち込み手口

(関連記事:【覚醒剤】AV女優・麻生希逮捕で、さらに大物女優が逮捕される?