【セクハラ認定】調査終了した福田淳一前事務次官の処分は?

141万円支払ってチャラ

複数の女性記者へのセクハラを指摘され、かねてより厳しいバッシングを浴びてきた財務省・福田淳一前事務次官の女性記者に対するセクハラ疑惑が、ついに大団円を迎えることになったようだ。これまでの経緯については、以下の関連記事をご参照いただきたい。

(関連記事:【胸触っていい?】財務省・福田次官「セクハラ疑惑」辞任への転落劇

このセクハラ疑惑について、次官代行を務める矢野康治官房長は今月27日午後4時半から記者会見を開き、「セクハラ行為があったことを認定したこと」、「減給20%、6カ月の懲戒処分相当とすること」を正式に発表。これに基づき、支払いを保留している5,319万円の退職金から、減給分に当たる141万円を差し引き、5,178万円の退職金が支払われることになるという。

財務省によると、福田淳一前事務次官自身は、今月4日にテレビ朝日の女性記者と1対1で会食したことは認めたが、セクハラ行為は否定しているという。しかし、福田淳一前事務次官がテレビ朝日側の発表内容を覆すに足りる反論・反証を提示してないことを判断の理由とし、セクハラ行為があったと認定したわけだ。

また、矢野康治官房長は、「行政の信頼を損ね、国会審議にも混乱をもたらしたことは誠に遺憾」と陳謝し、「これを持って調査は終了する」とコメント。これによってセクハラ報道に関する調査を打ち切る方針を示した。また、追加の調査は考えていないとしている。

実際にあった「胸触っていい?」発言