【受刑者逃走事件】海を渡った平尾龍磨容疑者の身柄を広島市内で確保

逃走から22日目で容疑者を緊急逮捕

今月8日に愛媛県今治市にある松山刑務所大井造船作業場から受刑者が逃走した事件で、指名手配されていた平尾龍磨(たつま)容疑者(27)が逃走から22日目の今日30日になり、逃走先であった広島県尾道市向島から約65㌔離れた広島市南区内で身柄を確保され、緊急逮捕された。

以下に挙げるが、平尾龍磨容疑者の逃走に関しては、当サイトで幾度も報じて足取りを追って来たが、行方をくらましてから22日目にしてようやく日本中を騒がせた逃走劇も幕を閉じたわけだ。

しかし、これまで逮捕されなかったのが、ここへきてなぜ急遽身柄を確保される事態となったのだろうか?

(関連記事:【逃走20日】防犯カメラに映る怪しい男…ついに平尾受刑者を発見?

(関連記事:【逃走16日目】平尾受刑者に目前の仮釈放を捨てさせた〝緊急事態〟

(関連記事:【逃走10日目】…消えた平尾龍磨容疑者の足取りを追う

海を泳いで本土へ渡ったのか?