未成年男子に乱交パーティーをさせて逮捕された男〝真の目的〟とは?

高1男子に高3男子ら4人を引き合わせ…

自宅に男子高校生らを呼び、「乱交パーティー」をさせたとして30歳の男が逮捕された。

神奈川県警はTwitterで男子高校生らを募り「乱交パーティー」をさせたとして、9日、会社員の西沢理(さとし)容疑者(30=千葉県船橋市前原西4丁目)を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、西沢理容疑者はTwitterに、「男子中高生の乱パやるよ」などと参加者を募る投稿を掲載。そして2016年8月13日に船橋市内の自宅で、当時高校1年生だった男子生徒(17)を、当時高校3年生ら男性4人と引き合わせ、みだらな行為をさせた疑いが持たれているという。

西沢理容疑者は参加者に対し、年齢を確認するため、事前に学生証などの画像を送らせていたようだ。

西沢理容疑者は「行為を撮影するのが目的だった」、「撮影のみを行い、行為には参加しいない」と言っているという。また、金銭のやりとりはなかったそうだ。さらに西沢理容疑者は、警察の調べに対し、「私には身に覚えがないことだ」と容疑を否認しているという。

(関連記事:【現職警官ら書類送検】〝単純所持〟でも逮捕される児童ポルノ裏事情

(関連記事:【61歳差】77歳男性に16歳少女を斡旋…少女売春斡旋業の深い闇

(関連記事:【少女56人淫行】性病・強要・脅迫…少女売春の報道されない闇被害

秘密のパーティーを明らかにした〝児ポ事件〟