【空白の7時間】新潟小2女児遺棄事件〝黒い服の男〟はどこへ消えた?

列車にはねられたのは〝偽装工作〟だったと判明!

今月7日、新潟県新潟市西区の市立小針小2年生・大桃珠生(たまき)さん(7)が〝殺害〟された事件は、発生から5日目を迎えた。当初、大桃珠生ちゃんは列車にはねられての死亡、つまり事故とみられていたが、翌8日に捜査にあたる新潟県警は会見で「死因は窒息死であった」と発表し、事態は急変。何者かに首を絞められて殺害された後、線路内に遺棄された可能性が極めて高くなったのだ。

遺体の発見現場(Google マップより)

捜査関係者によると、現時点で分かっている事件当日の流れはこうだ。

7日午後3時15分ごろ、大桃さんは友達と共に下校。自宅から約200㍍ほど離れた場所にあるJR越後線の踏切付近で友達と別れ、1人になったところで、行方不明となったという。そして、同日午後10時半ごろ、自宅からわずか百数十㍍の線路上で、大桃さんは遺体となって発見された。下校から遺体発見まで、およそ7時間。その〝空白〟の間に何があったのだろうか。

(関連記事:【顔写真公開】強盗で指名手配中の群馬県警〝逃走デカ〟その行方は?

(関連記事:【続報水難偽装殺人】遺品をメルカリで転売していた鬼畜夫の金欠ぶり

(関連記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露

「黒い服を着てサングラスをかけたおじさん」が犯人か?