重婚した人妻が石打ち刑に…恐るべき処刑法を実施するソマリアの実態

首まで土に埋められた状態で投石

彼女はシュクリ・アブドゥラヒ・ワルサムという名前の女性。首まで土に埋められた後、アル・シャバブの兵士たちによって石打ちに遭い、苦悶の末に死んだという。このアル・シャバブという勢力は、ソマリアの中央政府と敵対関係にある同国において最も大きいイスラム教勢力であり、イスラム教における法律であるシャーリアを厳格に実践していることで知られている。

処刑の行われた下部シェベリ州

このシャーリアによれば、男性は最大4人の妻と結婚することができるが、女性は複数の夫を持つことが許されていない。また、離婚は男女ともに可能ではあるものの、男性はすぐに離婚できるのに対し、女性は夫である男性の許可をもらう必要があるとされている。ここでこじれた場合は、裁判所に行って承認をもらう必要があるのだ。

「すべての男性支配社会は野蛮で共感を得ることができない」