女性検察事務官宅に侵入し下着の臭いを嗅いだ元検察官の末路とは?

同僚の女性検察事務官宅に21回も侵入

同僚の女性検察事務官のカバンから自宅の鍵などを盗み、彼女の生活を〝のぞく〟目的で京都府宮津市内の女性宅に21回侵入したとして、窃盗罪と住居侵入の罪に問われていた京都地検宮津支部の元副検事、平綱浩貴被告(44)。京都地裁(石井寛裁判官)は今月11日、平綱浩貴被告に執行猶予が付いた有罪判決を言い渡した。

起訴状などによると、平綱浩貴被告は今年1月24日、事情聴取に向かうために京都丹後鉄道の普通列車に乗車。網野駅(京都府京丹後市)に停車中、同行した女性検察事務官が手提げカバンを置いて席を離れた隙に女性のキーケースを盗み、同日夜から2月23日まで約1カ月の間に合計21回も侵入。室内を物色していたという。

違和感を覚えた同僚女性が室内にカメラを設置したところ、平綱浩貴被告が室内に侵入し、下着の匂いをかいだりする様子が映っていたという。

(関連記事:少女に〝わいせつ画像・動画〟送信を指示…公安調査庁職員を逮捕

(関連記事:【全文掲載】TOKIO山口を契約解除!ジャニーズ事務所が非情通達

 

「何を身に着けているのか、興味を持った」