偽物の金塊を盗んだ男…覚醒剤所持で窃盗団メンバーを再逮捕

落とした財布の中は覚醒剤…持ち主の意外な犯歴とは?

財布の中に覚醒剤を隠し持っていたとして、名古屋市の会社役員、石田無限容疑者(29)が9日、覚醒剤取締法違反(所持)の容疑で愛知県警に再逮捕された。

捜査関係者によると、ことの発端は去年6月12日、名古屋市中村区のコンビニエンスストアで財布の落とし物のが見つかったことに始まる。届け出を受けた警察が財布の中身を確認したところ、袋に入った覚醒剤約2㌘(末端価格約12万円)を発見。その後の捜査で、財布の所有者は、窃盗罪などで起訴されている石田無限容疑者であることが判明したのだ。

石田無限容疑者はこれまで新潟県や長野県などで、窃盗事件を繰り返してきた窃盗団のメンバー。取り調べに対し、「よく思い出してみます」と認否を留保しているという。

(関連記事:迷宮入り濃厚…「広島県警8572万円盗難」から1年、犯人は内部に!?

(関連記事:男子大学生が窃盗品を転売…犯罪の温床と化した「メルカリ」の実態

(関連記事:宝飾専門の中国人窃盗団「ピンクパンダ」メンバー7人を窃盗罪で逮捕

 

佐渡島で金塊5個の窃盗に成功したが…