薬物の調達役? 海軍兵士の男を〝合成麻薬密輸〟容疑で書類送検

原子力空母乗組員の兵士が薬物の調達役?

アメリカ海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員の男が麻薬を密輸したとして、今月14日に書類送検された。

麻薬及び向精神薬取締法違反(輸入)の疑いで神奈川県警に書類送検されたのは、ロナルド・レーガン乗組員のアメリカ軍兵士の男(24)。

書類送検された男が乗り込んでいた原子力空母ロナルド・レーガン

「アメリカ兵は去年12月と今年1月の2回にわたり、合成麻薬MDMA(通称:エクスタシー)など約18㌘をカナダから国際郵便で成田空港に送らせ、密輸した疑いが持たれています。県警は、この男が調達役だったと見ているようです」(捜査関係者)

横浜税関の検査で郵便物の中から麻薬が発見されたが、アメリカ軍兵士の男は容疑を否認しているという。

(関連記事:高校生6人らが大麻所持で逮捕!音楽イベントを経て未成年の手に…

(関連記事:【民泊を悪用】覚醒剤密輸容疑で逮捕されたカナダ人男性の手口とは?

(関連記事:家族旅行を装い覚醒剤18億円分を密輸した夫婦はなぜ逮捕された?

(関連記事:【覚醒剤】AV女優・麻生希逮捕で、さらに大物女優が逮捕される?

アメリカ軍兵士の自宅から出てきた別のドラッグとは?