延べ132㌔(6億2000万円相当)…韓国人金塊密輸グループ摘発

密輸グループによる巨額〝金塊ビジネス〟の全貌とは?

韓国人グループによる金塊密輸事件で、福岡県警は今月11日、韓国から金塊を延べ24㌔(約1億1400万円相当)密輸したとして、関税法違反(無許可輸入)などの疑いで、日本国内の指示役、住所不定・職業不詳の韓国人チェ・チョル容疑者(47=関税法違反などの容疑で公判中)ら韓国籍の男3人を再逮捕した。また、密輸した金塊の売却役として、熊本市東区健軍1丁目のコンサルタント業・鬼塚俊宏容疑者(44)も同じく福岡県警に逮捕されている。

捜査関係者によると、鬼塚俊宏容疑者らと別の金塊密輸事件で逮捕されている仲間の元暴力団員は、去年7月から今年2月の間に、福岡市博多区内の貴金属会社に金塊計約8㌧(405億円相当)を売却していたことも確認されている。いずれも密輸されたものとみられ、脱税額は計約32億円にのぼる。

この貴金属店は2016年7月に貴金属買い取り店に運搬中の近海160㌔、約7億6000万円分相当が盗まれた事件の被害者も換金しようとしていた店舗だという。

(関連記事:偽物の金塊を盗んだ男…覚醒剤所持で窃盗団メンバーを再逮捕

(関連記事:モデル高垣麗子の夫が金塊密輸…犯罪で得た金の意外な使い途とは?

消費税の支払いを逃れるため、巨額の金塊を密輸