<新潟女児殺害>死体遺棄・損壊容疑で小林遼容疑者(23歳)を逮捕 

重要参考人として事情聴取していた男を逮捕

新潟市西区で今月7日に同市立小針小2年生の大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、JR越後線の線路上に遺棄されていた事件で、新潟県警は14日午前から、重要参考人として事情聴取をしていた近所に住む会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)を死体遺棄などの容疑で逮捕した。

小林遼容疑者

逮捕容疑は、7日午後10時19分ごろから10時30ごろまでの間、新潟市西区青山水道のJR越後線線路内に大桃珠生さんの遺体を運び入れて放置。その後、上り電車に轢かせて損壊した疑いが持たれている。

(関連記事:【速報】新潟・女児遺棄事件 近所に住む23歳の男を逮捕

(関連記事:【速報】新潟女児殺害・遺棄事件 重要参考人の事情聴取開始

(関連記事:【空白の7時間】新潟小2女児遺棄事件〝黒い服の男〟はどこへ消えた?

捜査関係者によると、14日朝、遺体発見現場からおよそ4㌔離れた場所にある道の駅「新潟ふるさと村」の駐車場で、新潟県警の捜査員に任意同行を求められたという小林遼容疑者。黒い軽自動車に乗っていた小林遼容疑者はこの任意同行に素直に応じ、その後の調べに対しても、事件への関与を大筋で認めているという。

「黒い車」が犯人逮捕のきっかけに…