【利益4億円】金密輸で暴力団関係者ら逮捕 「怒羅権」関係者にも逮捕状

税関の職員に発見され未遂に

4500万円相当の金塊およそ10㌔を密輸しようとした疑いで、暴力団関係者の男らが今月16日までに、警視庁に逮捕された。

香港から金塊を密輸しようとしたとして警視庁組織犯罪対策4課に関税法違反や消費税法違反などで逮捕されたのは、東京都渋谷区神山町の指定暴力団・稲川会系暴力団関係者の本城翼容疑者(34)と、東京都品川区の「準暴力団」関係者・羽谷亮一容疑者(37)ら男7人。

捜査関係者によると去年12月頃、1枚約30㌘の金塊334枚、およそ10㌔(4500万円相当)をガラス製の置物が入った小箱の底に隠して香港から成田空港に貨物として密輸しようとしたものの、東京税関の職員に発見され未遂に終わったという。

金塊が隠されたガラス製の置物は、東京都内の会社宛に送られていたというが、この会社は実態のないペーパーカンパニーだったという。

(関連記事:延べ132㌔(6億2000万円相当)…韓国人金塊密輸グループ摘発

(関連記事:偽物の金塊を盗んだ男…覚醒剤所持で窃盗団メンバーを再逮捕

(関連記事:モデル高垣麗子の夫が金塊密輸…犯罪で得た金の意外な使い途とは?

およそ150回の密輸で約991㌔を売却