車で自転車男性を1.5㌔引きずる…殺人未遂容疑で男女を逮捕

映画のような殺しの手口…何があった?

東京都足立区竹の塚の路上で、車を走行させたまま男性を約1.5㌔に渡って引きずり、殺害しようとしたとして、群馬県明和町新里の無職、小久保彩菜容疑者(21)と、その交際相手で栃木県真岡市上高間木の無職、関勇太容疑者(22)の2人が16日、殺人未遂容疑で警視庁竹の塚署に逮捕された。

捜査関係者によると、2人は今月15日午後、東京都足立区竹の塚4丁目の国道4号線の路上で軽乗用車を走行していたところ、隣を自転車で走行していた東京都江戸川区の会社員男性(36)と口論に発展。会社員男性が車の窓につかまっている状態で車を急発進させると、時速40~50㌔で蛇行運転しながら、埼玉県草加市内まで約1.5キロにわたり引きずって殺害しようとした疑いが持たれているという。

だが、男性は途中で手を離した際に転倒し、頭などに全治10日の怪我を負っている。

(関連記事:【美人局】出会いアプリで男性をアパートに誘い現金を奪ったバカップル

(関連記事:時速160㌔で暴走…5人を死傷させた男にくだった判決とは?

(関連記事:「北千住なら大丈夫?」赤い自転車で現れた〝浅はか〟強盗男の末路…

「振りほどいちゃえばいいじゃん」