大阪「飛田新地」「松島新地」で売春防止法違反…山口組幹部ら逮捕

山口組二次団体幹部と飛田新地の繋がりとは?

日本最後の遊郭として知られる飛田新地などの料亭で、女性従業員に売春させたとして、暴力団幹部の男らが逮捕された。

大阪市西成区の遊郭「飛田新地」の料亭で、女性従業員に売春させたとして、17日大阪府警捜査4課に売春防止法違反(周旋)容疑逮捕されたのは、大阪市平野区平野西の指定暴力団山口組二次団体「極心連合会」幹部・浅野俊雄容疑者(64)男女6人。

捜査関係者によると、この店では月400万円前後の売り上げがあり、一部が暴力団の上部組織に「上納金」として流れていた可能性があるという。

(関連記事:【飛田新地】ちょんの間に火を付けて逮捕された男の素性とは?

(関連記事:【潜入・大阪西成地区】「日本三大ドヤ街」に数えられた街の今

(関連記事:【大宮風俗店ビル火災】ソープランド立て替えを阻む〝法規制〟の闇

「松島新地」でも売防法違反で経営者らが逮捕