飼い犬の顔に〝粘着テープ〟…動物虐待の刑罰は軽すぎるのか?

飼い主が愛犬の顔にイタズラした理由は?

千葉県警船橋東署は今月16日、飼い犬の顔に粘着テープを巻き付けて怪我をさせたとして、同県船橋市の自称運送業の男(53)を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで書類送検した。

男は、今年2月15日、自宅で飼っていた犬1頭の顔に粘着テープを2~3周巻き付け、犬の右目周辺の皮膚を傷付けた疑いが持たれている。

捜査関係者によると翌16日、飼い犬が粘着テープを巻いた状態で同市内の公園を徘徊していたところ、それを目撃した人物が110番通報したことで、事件が発覚したという。その後、船橋東署が犬を保護。さらに船橋市動物愛護指導センターが犬の情報をインターネットに掲載したところ、飼い主の男が引き取りに来たという。

警察の調べに対して男は、「酒を飲んで悪ふざけをしてしまった」と容疑を認めているという。

(関連記事:【動物虐待】大炎上中の問題番組〝見るに絶えないシーン〟とは?

(関連記事:【ペット都市伝説】犬が自閉症に?予防接種の恐るべき副作用とは…

記憶に新しい猫3匹虐待事件