被害額12億円超…逮捕された特殊詐欺グループのリーダー、分け前は?

約3年で騙し取った金額、12億円以上…

高齢者から12億円以上を騙し取ったとみられる、特殊詐欺グループのリーダーが逮捕された。

高齢女性に対し「長男」を装ってウソの電話を掛け、現金を騙し取ったとして、東京都品川区西五反田の指定暴力団住吉会系組員の秋田亮佑容疑者(31)が、警視庁と宮崎、愛媛両県警の合同捜査本部に詐欺容疑で逮捕された。

逮捕容疑は、2015年10月、千葉県千葉市の70代の女性宅に、女性の長男を装って「会社の同僚の女性を妊娠させてしまった」「示談金が必要だ」などと言い、現金300万円を騙し取った疑いだ。

捜査関係者によると、秋田亮佑容疑者は特殊詐欺グループのリーダーで、2015年5月以降、全国の約200人から12億円以上を騙し取ったとみられているという。

(関連記事:駅伝の元有名女子選手が〝オレオレ詐欺〟の受け取り役に転落…逮捕!

(関連記事:宅配便スタッフが現金の〝受け子〟!特殊詐欺犯らの新たな手口とは?

(関連記事:【動画公開】信金職員を装いカードを騙し取った特殊詐欺男が公開手配)

60人以上の掛け子・受け子を仕切っていたリーダー