【続報】万引きグループ「短期大学」のメンバー2人を新たに逮捕

万引きとはいえ被害総額は数千万円規模

「短期大学」というLINEグループを作り、少年らが情報交換を行いながら万引きを繰り返していた事件が今年4月に発生していたが、これに関連して新たに少年2人が逮捕された。

(関連記事:男子大学生が窃盗品を転売…犯罪の温床と化した「メルカリ」の実態

今年2月、大阪府大阪市の洋服店でジャンパー2着、合わせて5万5000円相当を万引きしたとして、窃盗容疑で警視庁少年事件課に逮捕されたのは、埼玉県川口市の私立大学2年の19歳の少年2人。

捜査関係者によると、少年らは、万引きは短時間でできるという理由から「短期大学」という名のLINEグループを作り情報交換をしていたという。2人は、「これまでに400回ほどやった」などと話し、いずれも容疑を認めているようだ。

今年4月、別の少年2人が同様に万引きを繰り返していたとして、窃盗の容疑で逮捕されていた。今回逮捕された少年らと共に、「短期大学」というLINEグループを作り、万引き防止タグのない店の情報などを交換しながら、万引きを繰り返し行っていたという。

「店のタグが付いた服がフリマアプリで販売されている」