【続報】JKへのわいせつ行為で逮捕された中学教諭、過去にも同じ過ち

逮捕されたわいせつ教諭の「過去の罪状」

16歳の女子高校生(当時)を自宅アパートに連れ込み、現金を支払ってわいせつな行為をしたとして、さいたま市の市立中学校に務める男性教諭が今月16日に逮捕された事件は当サイトでも報じた通りである。だが、その後の調べで、この教諭が過去にも女子高生にみだらな行為をしたとして処分されていたことが分かった。

(関連記事:中学教師が女子高校生にわいせつ行為? 49歳の教諭を逮捕

捜査関係者によると、さいたま市南区文蔵の市立中学校教諭・長山真人容疑者は今年3月21日と25日、さいたま市にある自宅アパートに、Twitterで知り合った埼玉県内の高校に通う女子高校生(16歳=当時)連れ込み、1回に1万円を渡し、2回にわたり体を舐めるなどのわいせつな行為をしとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の容疑で、警視庁大塚警察署に逮捕されていた。その長山真人容疑者だが、実は2002年にも女子高生にみだらな行為をしたとして、逮捕、略式判決を受けたというのだ。

女子高生好きは一生治らないのか?