高齢者相手に中古消火器を「新品」と偽り売った72歳の男が逮捕

「使用期限が切れて交換が必要だ」

高齢者を狙って古い消火器を新品と偽り、販売していた72歳の男が逮捕された。

「使用期限が切れて交換が必要だ」などと言っては、さらに古い耐用年数の切れた消火器を販売したとして、詐欺と特定商取引法違反の疑いで北海道警察に逮捕されたのは、北海道札幌市東区の消火器販売業・佐藤洋一容疑者(72)。

捜査関係者によると、佐藤洋一容疑者は今年1月、北海道江別市に暮らす82歳の男性に耐用年数が過ぎた古い消火器を新品と偽って販売。代金3000円を騙し取った疑いが持たれているという。

(関連記事:被害額12億円超…逮捕された特殊詐欺グループのリーダー、分け前は?

(関連記事:駅伝の元有名女子選手が〝オレオレ詐欺〟の受け取り役に転落…逮捕!

(関連記事:宅配便スタッフが現金の〝受け子〟!特殊詐欺犯らの新たな手口とは?

被害は合計1700件以上、およそ680万円…