密売目的? 覚醒剤や大麻を大量所持するイラン国籍の男と元妻を逮捕

元夫婦の逮捕につながった意外な〝きっかけ〟とは?

覚醒剤や大麻などを大量に所持していたとして、イラン人の男(50)と元妻の女(51)の2人が、警視庁に逮捕された。

イラン国籍のイーランルー・ダブード容疑者(50)と元妻の片山桂子容疑者(51)が所持していたのは、末端価格700万円以上相当の覚醒剤と大麻だった。2人は販売目的で所持していたという。

捜査関係者によると、片山桂子容疑者が、イーランルー・ダブード容疑者からDV被害に遭っていたことから警視庁に相談。その件で警察官が自宅を訪ねたところ、大量の覚醒剤や乾燥大麻、大麻樹脂、注射器、吸引用のパイプ、計量用のはかりなどが見つかったという。

(関連記事:【画像公開】「覚醒剤いたずらドッキリ」YouTuberに罰金40万円

(関連記事:「試合で負けられない」女子プロレスラー浜田文子が覚醒剤使用で逮捕

(関連記事:現役の女子アナが大麻所持で現行犯逮捕! 自宅で乾燥大麻を使用か?

(文◎四菱紘淳)