<日大悪質タックル問題>「QBを潰せ」と指示…井上コーチも関与か

日大選手に強く「反則指示」したことが明らかに

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、反則行為を行った日大の宮川泰介(みやがわ・たいすけ)選手が会見で、「私の独断で行ったことではありません」として、内田正人前監督や井上奨(つとむ)コーチからの強い指示があったことを明らかにした。

宮川泰介選手によると、内田正人前監督に直接「相手QBを潰しにいくんで使ってください」と伝えると、「やらなきゃ意味がないよ」という言葉があったという。

また、試合前に宮川泰介選手が井上奨コーチに、「リード(DLの本来のプレーのこと)をしないでQBに突っ込みますよ」と確認したところ、同コーチから「思い切りいってこい」と言われたといい、試合前の整列時にも同コーチから「できませんでしたじゃ済まされないぞ。分かっているな」と念を押されたという。

内田正人前監督

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載①(5月3日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載②(5月5日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載③(5月6日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載④(5月8日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載⑤(5月9日以降)

(関連記事:【速報】<日大悪質タックル問題>「潰せと指示」加害選手が会見①)

(関連記事:【速報】<日大悪質タックル問題>「謝罪していた」加害選手が会見②

【画像あり】反則を指示した井上奨コーチとは?