「かばん師のヤマ」と呼ばれた69歳のベテランすりを現行犯逮捕

左手だけですりを行うベテランすり師

警視庁は今月21日午前9時20分ごろ、都営地下鉄大江戸線の車内で、専門学校に通う女性(19)のかばんから現金約6000円の入った財布を盗んだ疑いで、東京都新宿区上落合に住む無職の山口和敏容疑者(69)を現行犯逮捕したと発表した。

山口和敏容疑者はスリの常習者。かばんから財布を抜き取る手口が有名で、捜査員の間では「かばん師のヤマ」との通り名で呼ばれていた。

捜査関係者によると、山口和敏容疑者は片足が不自由で、右手で杖を突きながら左手だけで犯行を繰り返していたようだ。

(関連記事:新築工事中の現場だけを狙い家電を盗んだ窃盗犯2人を逮捕

(関連記事:【受刑者逃走事件】平尾龍磨容疑者 自動車窃盗容疑で再逮捕

(関連記事:【顔写真公開】強盗で指名手配中の群馬県警〝逃走デカ〟その行方は?

「財布が見えたので盗んでしまった」