新築工事中の現場だけを狙い家電を盗んだ窃盗犯2人を逮捕

IHヒーターや洗浄便座などを盗んで換金

千葉県警捜査3課と千葉北署などは今月22日、窃盗と建造物侵入の疑いで千葉県佐倉市臼井台の自称宅配運転手・服部亮容疑者(28)と、同県佐倉市井野の自称会社員・関航平容疑者(27)を逮捕した。

友人同士の2人は共謀して、3月8日夕方から翌日の正午頃までの間に、千葉市花見川区こてはし台にある新築工事中の戸建て住宅に侵入。そこで換金価値の高いIHクッキングヒーターや洗浄便座など計6点(時価30万相当)を盗んだ疑いが持たれている。

捜査関係者によると、2人はこのような現場作業の経験があり、その経験から合鍵のある場所を推測。現地で合鍵を探し侵入しては、窃盗を繰り返していたと見られている。

これら盗んだ家電はすべてリサイクルショップに売り払い、遊興費に充てていた。

両容疑者は容疑を認めている。

(関連記事:【受刑者逃走事件】平尾龍磨容疑者 自動車窃盗容疑で再逮捕

(関連記事:【顔写真公開】強盗で指名手配中の群馬県警〝逃走デカ〟その行方は?

(関連記事:偽物の金塊を盗んだ男…覚醒剤所持で窃盗団メンバーを再逮捕

両容疑者は近隣の類似事件にも関与か?