【速報】<日大悪質タックル問題>内田前監督改めて指示を否定

会見冒頭「申し訳ございませんでした」

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日本大の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が今月23日午後8時より、都内の同大本部で会見を行った。

そこに現れた内田正人前監督と井上奨コーチは、まず会見冒頭で「申し訳ございませんでした」と謝罪した。その後、宮川泰介選手に反則行為を指示したかについては改めて否定。そして井上奨コーチは、「監督からクオーターバックに怪我をさせるような指示はなかったが、試合前に私がクオーターバックの選手を潰してこいと言ったのは真実です」と述べた。

内田正人前監督

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載①(5月3日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載②(5月5日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載③(5月6日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載④(5月8日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載⑤(5月9日以降)

(文◎四菱紘淳)