<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

繰り返された「悪質タックル」指示

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日本大の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が今月23日午後8時より、都内の同大本部で会見を行った。その中で、試合に出たいのなら「相手のクオーターバックを潰せ」と、内田正人前監督や井上奨コーチから繰り返し指示があったことを認めた。

以下、当サイトでは会見での全文を掲載する(以下、原文ママ、一部修正済み)。

内田正人前監督
井上奨コーチ

(関連記事:【速報】<日大悪質タックル問題>内田前監督改めて指示を否定

信じてもらえないと思いますが、私からの指示ではございません。