<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文⑤

食い違う発言の真相を記者が追及、前監督らは?

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題。日本大の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が今月23日午後8時より、都内の同大本部で会見を行い、「『クオーターバックを潰せ』と言ったのは確か」など、一部の発言を認めた。

以下、当サイトでは会見での全文を掲載する(以下、原文ママ、一部修正済み)。

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文②

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文③

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文④

(関連記事:【全文】日大がコメントを発表「つぶせ」は「思い切って当たれ」

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載①(5月3日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載②(5月5日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載③(5月6日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載④(5月8日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載⑤(5月9日以降)

 

「潰してこい」は「怪我をさせろ」ではない(井上奨コーチ)