【バカ親の犯罪】六本木で1歳児置き去り「酒飲みに行った」

今月16日、警視庁は、飲食店に生後1歳6カ月の長男を置き去りにしたとして、埼玉県に暮らす無職の母親・三好フクレ容疑者(43)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕したと発表した。

三好容疑者は、今月12日午後10時55分ごろ、食事に訪れていた東京都港区六本木3丁目のケバブ店に長男を置き去りにして、そのまま退店したという。しかし三好容疑者が立ち去ってから約30分後、置き去りにされた長男が近くの歩道を泣きながら一人で歩いているのを店の関係者が目撃し、麻布署員に通報した。長男にけがはなかったもの、当時の気温は2度を下回っており、健康状態が心配されている。

▲画像はイメージです

長男を置き去りにした三好容疑者はどこへ行ったのかというと、店を後にした後、現場から約100メートル離れた路上にいるのを、別の署員によって発見されている。三好容疑者は酒に酔っており、任意の取り調べを受けた段階では「子どもはいらない」「遊びに行きたい」「自由になりたい」などと供述していたという。

その後の調べに対して、彼女は「その場を離れて別の店に酒に飲みに行ったが、置き去りにするつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

真夏の車中に子どもを残して自らはパチンコに興じるなど、〝バカ親〟による責任放棄の犯罪は後を絶たない。2歳に満たない我が子を置き去りにして、どのような事態を引き起こすことになるのか、想像できない親などいないはずだ。だとすると、彼女はれっきとした確信犯であり、未必の殺意すら感じさせるのだ。

今回、長男に大きなけがなどはなかったことがせめてもの救いだが、彼・彼女らにつける薬はないのだろうか。

(文◎朝比奈ゆう)