【米国発】実家に寄生する息子に両親が「出ていけ」と言った結果…

30歳・実家暮らしの息子にくだった判決は?

「パラサイト・シングル」という言葉をご存じだろうか。

これは、学校を卒業して社会人になっても親と同居し、経済的に依存している単身者を、パラサイト(寄生)になぞらえて指す言葉である。2016年の国勢調査によれば、日本でのパラサイト・シングルは20〜34歳の若年層で908万人、35〜44歳の壮年層では52万人ほどいるとされており、国民の13〜14人に一人がそれに当たると指摘とされ、問題視されている。

そんなパラサイト・シングルに関連したある裁判がアメリカで結審し、注目を集めている。

BBCが今月23日に報じたところによると、アメリカ・ニューヨーク在住の夫婦が、30歳の息子を自宅から追い出すために行っていた裁判で、裁判所は夫婦の主張を認め、息子に自宅から出るよう命じたという。

(関連記事:「処女について話し合おう」NFL元チアリーダーが受けた性差別の闇

(関連記事:【アメリカ発】〝ペニス移植〟を受けた傷痍軍人…再びデキるのか?

裁判所は、息子が家事にまったく貢献しないことなどを断罪