「闇の半蔵」と呼ばれた老窃盗犯を逮捕 都内全域150件に被害

闇に紛れて罪を重ねた老窃盗犯の末路

「黒ずくめの姿」で夜中に住宅などに忍び込んでは盗みを繰り返すことから、「闇の半蔵」と呼ばれていた無職の男が窃盗の容疑で逮捕された。

今月2日から3日にかけて、東京都練馬区の理髪店兼住宅に忍び込み、レジ内にあった売上金など現金約7万5000円を盗んだとして、警視庁捜査3課に窃盗の容疑で逮捕されたのは、無職の石田孝弘容疑者(60)。

(関連記事:新築工事中の現場だけを狙い家電を盗んだ窃盗犯2人を逮捕

(関連記事:「かばん師のヤマ」と呼ばれた69歳のベテランすりを現行犯逮捕

「生活のためにやった」「150件くらいやった」