【埼玉県警】同僚の交通違反を見逃した男性巡査を書類送検

右折禁止の道路で覆面パトカーが右折

先輩警察官の交通違反を見逃したとして、埼玉県警の警察官書類送検されるという出来事があった。

犯人隠避の疑いで埼玉県警に書類送検されたのは、埼玉県警川口警察署地域課の男性巡査(25)。その巡査は去年9月、埼玉県川口市の県道で交通違反の取り締まり中、右折が禁止されている道路で、先輩にあたる川口署の男性巡査(22)が運転する覆面パトカーが右折してきたが、反則切符を交付せず立ち去らせたという。

(関連記事:元交際女性に「逃げたら殺す」と脅した監禁犯を〝放置〟した警察の罪

(関連記事:迷宮入り濃厚…「広島県警8572万円盗難」から1年、犯人は内部に!?

先輩の違反を見逃し…巡査にくだった処分とは?