<日大悪質タックル問題>日大アメフト部の部長らが緊急父母会で謝罪

135人の保護者に対し部長やコーチが説明、謝罪

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大アメフト部は27日午後、問題の発覚後、初めてとなる保護者説明会を都内のキャンパスで行った。

保護者説明会には、同アメフト部の加藤直人部長や森琢コーチが出席。集まった135人の保護者に対し、アメフト部としての一連の経緯の説明を行い、謝罪したという。当事者の内田前監督や井上前コーチは出席はなかった。

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文①

アメフト部員たちによる声明文が近日発表