<日大悪質タックル問題>被害者父が宮川泰介選手の嘆願書を求める

宮川選手は「すでに社会的制裁を十分に受けている」

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして怪我をさせた問題で、被害選手が所属する関学大で26日の午後3時から、「合同説明会」が開かれた。

そこで、鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターと共に会見を行った負傷した選手の父である奥野康俊さんは、タックルをした宮川泰介選手について、「すでに社会的制裁を十分に受けている」として、嘆願書の提出を広く求めたいと話した。

被害選手の父、奥野康俊さん

以下に、奥野康俊さんの会見内容を抜粋し、掲載する。

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文①

「内田監督や井上コーチの厳正な処罰を求めるため」