<日大悪質タックル問題>警視庁が日大関係者から聞き取り

捜査関係者が日大本部を訪問

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして怪我をさせた問題で、警視庁の捜査関係者が日大の本部を訪れ、関係者から聞き取りを行った。

捜査関係者によると、28日に警視庁の捜査関係者が東京都千代田区の日大本部を訪れ、日大の関係者から聞き取りをしたという。

今回の聞き取りは、今後の本格的な捜査に向けての事前の準備とみられている。

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文①

選手や前監督、前コーチも事情聴取へ