<速報>岡山、14年前の少女殺害事件で服役中の39歳男を逮捕へ

自宅で刺殺されていたが痕跡は少なく…

2004年に岡山県津山市で当時小学校3年生(9歳)だった女の子が自宅で殺害されているのが見つかり、その後犯人が逮捕されないまま14年が経過していた事件で、別の事件で刑務所に服役している男が、女の子の殺害を認める供述を始めたことが、捜査関係者の話により明らかになった。

事件が起きたのは2004年9月3日で、岡山県津山市総社に暮らす筒塩勝義さんの二女・侑子さんが、刃物で胸部や腹部など数カ所を刺されているのを、侑子さんの姉が発見。警察はのべ6万人の捜査員を投入して調べを進めていたが、侑子さんの遺体の着衣に乱れがなく、自宅の窓や鍵が壊されて侵入された形跡や、室内が荒らされた形跡がなかったことなどから、捜査は難航していた。

筒塩侑子ちゃんに関する情報を求めて制作されたビラ

(関連記事:<名古屋・ネットカフェ殺人>被害者の妻が明かした心境とは…?

(関連記事:【14年間沈黙を続けた殺人者】04年、広島の高2刺殺事件が解決へ

(関連記事:【続報水難偽装殺人】遺品をメルカリで転売していた鬼畜夫の金欠ぶり

詳しい動機や殺害に至った経緯についてはこれから…