<日大悪質タックル問題>内田前監督 井上前コーチに除名処分が決定

反則した選手、チームには「公式試合の出場資格の停止」

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして怪我をさせた問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟は今月29日に臨時の理事会を開き、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、「除名」処分にすることを決めた。

関東学生連盟は規律委員会を設置、日大の選手だけでなく、内田前監督などから直接、聞き取りをして、事実関係の調査を進めてきたという。

関係者によると、関東学生連盟の規律委員会は、日大の内田前監督と井上前コーチを「除名」、反則行為をした選手とチームに対して「公式試合の出場資格の停止」などの処分案を理事会に提案。理事会は内田前監督と井上前コーチを「除名」とする処分を決めた。

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の声明文を全文掲載「責任は重い」

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文①

前監督・コーチの処分が決まり、最終局面へ