<新潟・五頭連峰遭難>渋谷甲哉さん親子2人か 2遺体発見…

「これから下山する」と連絡があった後、行方不明に…

今月5日、新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山に登山に出かけ、翌6日から行方が分からず、連絡もとれなくなっていた親子2人と見られる遺体が発見された。

29日午前11時20分頃、新潟県阿賀野市の五頭連山の沢で、新潟県警のヘリコプターが男性とみられる2人の遺体を発見。県警は同日午後2時35分頃に遺体を収容し、その後、行方が分からなくなっていた親子2人とみて捜査を進めている。

捜査関係者によると、遺体は、新潟県新潟市北区の会社員・渋谷甲哉(こうや)さん(37)と、その長男で小学1年の空さん(6)と見られているという。渋谷さん親子は5日の午後2時頃に入山し、同8時過ぎに「道に迷ったのでビバーク(野宿・露営)する」と家族に電話。6日朝に「これから下山する」と再び電話した後は連絡がとれず、行方不明となっていた。遺体は損傷が激しく、身元の特定には時間がかかる見通しだという。

新潟県警と阿賀野市市消防本部などは今月7日から、40~50人態勢で捜索を開始。登山道などを中心に捜索してきた。

(関連記事:【動画】登山家・栗城史多さん遭難死…エベレスト8度目の挑戦中

(関連記事:登山家・栗城史多さん 死因は滑落による「全身を強打」だった

うつぶせで折り重なるように…