警察や金融庁職員を名乗った特殊詐欺グループ17人を検挙

「かけ子」のリーダーからメンバーまで17人を一網打尽

警察官や金融庁職員などを装ってうその電話を掛けて、高齢者から現金をだまし取ったなどとして、詐欺グループのメンバー17人が逮捕された。

高齢者からキャッシュカードをだまし取ったなどとして、詐欺などの疑いで警視庁組織犯罪対策4課に逮捕されたのは、東京都東久留米市浅間町2丁目の無職の赤座郁弥容疑者(27)ら17人。

捜査関係者によると、赤座郁弥容疑者らは去年12月、埼玉県内に住む女性(当時79)に警察官などを装って、「キャッシュカードが不正に使用されている」などと嘘の電話を掛け、キャッシュカード3枚と現金700万円を詐取。さらに、だまし取ったキャッシュカードを使い、現金およそ200万円をATMから引き出した疑いが持たれている。

(関連記事:女子アナの元夫で元プロテニス選手の男を2億円超詐欺容疑で逮捕

(関連記事:【200万円超】郷ひろみさんの母親が詐欺被害に…かけ子役らを逮捕

(関連記事:右翼団体「誠の会」メンバー マンション工事にからむ詐欺罪で起訴

(関連記事:70年前に死んだ兄を装って接触…オレオレ詐欺の受け子が逮捕

グループによる被害総額は、およそ40億円…