不明のマレーシア航空機、捜索打ち切り…真相が解明は不可能に

乗員乗客239人とともにこつ然と消えた機体

2014年3月、北京に向かう途中、忽然と消息を絶ったマレーシア航空MH370便について、マレーシア政府は「捜索を打ち切る」と発表した。

マレーシア航空MH370便に2014年3月8日、乗客乗員239人を乗せマレーシアのクアラルンプールを出発。そして中国の北京に向かう途中、こつ然と消息を絶っていた。

事故機の9M-MRO

事故後、マレーシアなど3カ国による捜索が行われてきたが、有力な手掛かりがないまま2017年1月に捜索を終了。今年1月になって、マレーシア政府は海洋探査を行うアメリカのオーシャン・インフィニティー社と契約を結び、8機の小型潜水艦を使うなどして捜索を再開していた。

(関連記事:【298人死亡】マレーシア機撃墜はロシア軍のミサイルだったと発表

(関連記事:【10年で14本】人間の足が次々発見される謎のカナダ・セイリッシュ海

(関連記事:夢の国もビックリ…漁師12人を虐殺した本物の「カリブの海賊」たち

(関連記事:〝魔の海域〟の新たな犠牲者?バミューダで消えた米国人大学生の行方

機体の破片などはアフリカ東海岸沖で一部見つかったものの…