【続報】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…警察が捜査へ

関東連合と地元の暴力団関係者にけが人…

「六本木クラブ襲撃事件」や「海老蔵暴行事件」などでその名を知られた半グレ組織・関東連合。すでに壊滅した組織とも一部では言われているが、その関東連合関係者とみられる人物らが、沖縄県那覇市内で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎを起こしていた件で、同県警が捜査に乗り出したことが分かった。

(関連記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?

(関連記事:【第3弾】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…逮捕者が

(関連記事:【第4弾】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…目撃者が証言

(関連記事:【第5弾】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…その理由は?

捜査関係者によると、事件が起きたのは先月30日未明。沖縄一の歓楽街と言われる那覇市松山の路上で、関東連合関係者と地元の指定暴力団旭琉会関係者との間で乱闘騒ぎがあり、複数の負傷が出ているという。

 

(関連記事:六本木フラワー事件のターゲットはこの男!? 木村孔次朗容疑者が逮捕

(関連記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

周囲を巻き込み大騒動に発展した一部始終を公開