あおり運転3㌔…窓から身を乗り出して脅した男を逮捕

あおり運転に激昂、「俺のことなめてるのか」と脅した疑い

東京の首都高速道路で、クラクションを鳴らされたことに腹を立てて、およそ3㌔に渡ってあおり運転をした男が、警視庁に逮捕された。

今年3月14日午前10時頃、東京都世田谷区を走る首都高速3号線で、いわゆる「あおり運転」を運転をし、無理な割り込みをして男性が運転するトラックを高速道路上で急停車させた後に、トラックの運転手の男性を脅したとして、東京都世田谷区用賀の職業不詳・石川大記容疑者(39)が警視庁築地警察署に、脅迫の疑いで逮捕された。

(関連記事:<渋谷スクランブル交差点暴走事件>Twitterで犯人特定、逮捕

(関連記事:睡眠障害で4年間に19回の事故を起こした男が危険運転致傷で逮捕

(関連記事:時速160㌔で暴走…5人を死傷させた男にくだった判決とは?

(関連記事:車で自転車男性を1.5㌔引きずる…殺人未遂容疑で男女を逮捕

(関連記事:「偽造国際運転免許証」を持つ不良中国人旅行者が急増中、対策は?

容疑者は指定暴力団の関係者だったのか?