高級外車「フェラーリF430」で保険金詐欺 容疑者4人を逮捕

単独事故を衝突事故と偽り、修理代金名目で

フェラーリ「F430」とワゴン車がそれぞれ別の場所で単独事故を起こしたにもかかわらず、2台が衝突事故を起こしたと虚偽の申告して保険金を騙し取ったとして、輸入車修理販売会社代表ら4人が逮捕された。

単独事故だったのにもかかわらず、衝突事故と偽って修理費をだまし取ったとして、今月7日に山形県警寒河江署に詐欺容疑で逮捕されたのは、山形県寒河江市の輸入車修理販売会社代表取締役・安孫子清文容疑者(55)と、山形市の輸入車修理販売会社山形支店長・大澤秀樹容疑者(50)、宮城県仙台市若林区の調理師・伊藤和俊容疑者(55)、福島県郡山市日和田町の歯科医師・林健一容疑者(47)ら4人だ。

捜査関係者によると、2015年12月、フェラーリ「F430」とワゴン車が宮城県内のサーキットの敷地内の、レースコース上ではない場所で衝突事故を起こしたと装い、損害保険会社から修理代金名目で約320万円を騙し取った疑いが持たれているという。

フェラーリF430(ウィキペディアより)

【話題の記事:【第5弾】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…その理由は?

【話題の記事:【未成年に飲酒強要?】NEWS 小山慶一郎・加藤シゲアキさん

(関連記事:右翼団体「誠の会」メンバー マンション工事にからむ詐欺罪で起訴

(関連記事:【6000万円詐取】家族ぐるみで交通事故偽装した一家の結末

フェラーリはレースコース上で事故…保険は適用されず